HOME > 建造物障害調査

建造物障害調査

デジタル放送及びアナログ放送の受信障害予測

建造物によるテレビ受信障害は、建造物が電波を遮って映りにくくなるものと、建造物の壁面で電波を反射して多重像(ゴースト)になるものがあります。デジタル放送では、受信障害の地域は狭くなりますが、アナログ放送とは発生の症状が異なり画像が出なくなります。デジタル放送は、受信電界強度の強い地域では、建造物によるテレビ受信障害はアナログ放送に比べて減少しますが、中弱電界強度の地域ではアナログ放送と同程度の障害が発生する場合があります。デジタル放送の受信障害では、画面にブロックノイズが入ったり、フリーズ、受信不能となるなど誰の目にも障害が分かることから、十分に配慮する必要があり、「事前にどの地域で障害発生の可能性があるか」や「事後調査による障害範囲の確認」等の調査が必要になります。

詳しくはこちら

受信障害調査指導要綱等

昭和51年3月6日の郵政省電波監理局長通達「高層建築物による受信障害解消についての指導要綱」では、受信障害解消の対象範囲の確定に資するため、建築主は、建築物の工事着手以前の受信障害予測地域の受信状況及び工事中、完成後の受信障害発生地域の受信状況を調査し、その実態を把握するよう努める必要があり、受信障害解消の対象範囲については、この調査結果に基づき建築主と住民の間の協議により、できるだけ客観的、かつ、合理的に確定することが望ましいとされています。これに基づき、各自治体では条例や指導要綱等で高層建築物の建築にあたってテレビ電波受信障害の調査を義務付けています。
これらの規定はデジタル放送に対しても引き続き効力を有しています。

詳しくはこちら

建造物障害予測調査の概要

当協会では、建造物受信障害予測調査方法を規定した調査要領を制定し、これにより障害予測調査を実施しています。建造物の形や立地条件をもとに、受信障害が周辺に及ぶ範囲を予測することが可能です。なお、送信アンテナ高の1/2を超える超高層ビル及び風車発電塔とは、当協会では予測することが出来ません。さらに民間レベルでは、協会の会員である調査専門会社が予測調査を行っています。調査と対策に当たりましては、高度な技術力と経験豊富な一般社団法人日本CATV技術協会のCATV技術者を有する調査会社にご相談下さい。
これらの予測技術をレベルアップするため、協会支部の調査部会が、調査専門会社を対象に調査技術の講習会や最新技術の情報提供などを行っています。
建造物による電波障害予測調査報告書の社会的重要性にかんがみ、協会では、依頼により調査専門会社が実施した建造物受信障害予測調査報告書が、協会が定める調査要領に沿っているか否かの技術審査(アテスト)を受託により有料で実施しています。

詳しくはこちら

受信障害予測調査の要領と手法

一般社団法人日本CATV技術協会では、建造物障害予測調査の要領や障害予測技術についての関連書籍を発行しています。また、建造物障害予測を適切に実施するための検討手法や計算手法があります。

詳しくはこちら

受信障害予測調査のツール

建造物の形状や電波条件、周辺の地形などを考慮して障害範囲を予測計算すると共に、調査報告書を作成するソフトウェアとして、「ビルエキスパート」があります。デジタル放送波の諸特性を効率的に測定し、測定データを整理する「受信特性測定器」が測定器メーカーから発売されています。

詳しくはこちら

スカイツリーの電波障害予測

スカイツリーの電波障害予測を行っています。

詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る

建造物障害調査