HOME > 地上デジタル放送 > 地デジコンサルガイドライン

地上デジタル放送

地デジコンサルガイドライン

(社)日本CATV技術協会は、2011年7月の地上放送完全デジタル化に向け、「地上デジタル放送共同受信導入相談に際し行うコンサルタント業務(以下、地デジコンサル業務)」等において、視聴者の利便性や利益保護のため、次により公正な調査・報告を行い、コンサルタント依頼者および社会の信頼を得るため不断の努力を行います。

依頼者の意向を最優先します

依頼者の要望を的確に受け止め、共同受信施設への地上デジタル放送導入や地上デジタル放送受信に関する適切な調査を行いご報告致します。地上デジタル放送導入と同時に衛星放送受信などの導入改修提案を行う場合は、グレードアップ分が明確に切り分けられるよう調査し報告します。

決定は依頼者であることを説明します

技術情報や地デジ導入状況など最新情報の提供に努め、地デジ対応方策や改修工事の決定はあくまでも依頼者や施設管理者であることを説明し、強引な誘引や誤解を招く情報提供とならないよう努めます。

疑問には的確に応えます

調査・報告については、迅速かつ明瞭に行い、報告書の疑問や質問には丁寧にお応えします。

ページの先頭へ戻る