HOME > 建造物障害予測調査

建造物障害予測調査

建造物障害予測調査の概要

技術審査

技術審査とは

 (一社)日本CATV技術協会が定める「建造物によるテレビ受信障害調査要領」(地上デジタル)平成22年3月発行の規定に基づき作成された事前調査報告書であることを審査します。


【技術審査対象】

 受信障害予測計算・調査報告書作成システム(ビルエキスパート WindowsVer.5またはVer.6)を用いた障害予測計算の結果に基づき作成された事前調査報告書が対象になります。

 ※特殊な建造物の技術審査については、別途ご相談願います。


技術審査に必要な書類や資料

 ①事前調査報告書(写真なし)  ※協会の控えになるため、表紙は提出物と同じ物を使用して下さい。

 ②写真(受信状況,調査風景,調査時の建設現場)

 ③報告書チェックシート  ※担当者名、電話番号、E_mailアドレスを必ず記載して下さい。

 ④報告書内表紙(提出部数分の枚数)  ※物件名,調査技術者氏名,氏名印および調査技術者のCATV技術者印   を押印する。

 ⑤障害予測計算における各定数決定根拠の説明資料  ※書式は自由です。

 ⑥ビルエキスパートの各検討用紙および各計算データ

 ⑦地形図  ※障害予測地域図が住宅地図ベースで作成されていて対象建造物周辺の地形の状況が判断できない   場合は必ず添付して下さい。)


技術審査の流れ

>技術審査の流れ

技術審査の受付から完了まで

◇納期

・通常は、受付から1週間程度で技術審査を完了します。
ただし、都合により通常よりも時間がかるかかる場合がありますので、事前に問合せいただき納期の確認をするとともに、 時間に余裕をもって申込んで下さい。

◇受付および、受取りの方法

・協会に直接出向き、持参する。または、受取りを行う方法

・郵便や宅急便による、送付による受付および、受取り
 ※返信用に、御社指定の着払伝票を添付して下さい。

◇審査結果の連絡および、訂正対応について

・技術審査が終了した時点で、確認内容や指摘事項がある場合は、電話やメール、FAX等により担当者の方とやり取りさせていただき、訂正個所や内容の確認を行います。

・技術審査結果により訂正がある場合には、受取りの際に訂正した書類を持参して下さい。
また、宅急便での受取り場合は、引換票(日付、署名記述済み)を返信する際に訂正書類を一緒に同封して下さい。


ページの先頭へ戻る

支部案内