HOME > 標準規格・妨害評価・技術調査 > 妨害評価試験確認業務

標準規格・妨害評価

妨害評価試験確認業務

「放送への妨害評価試験」および「V-ONU及びR-ONU漏えい電界評価試験」に関して、メーカの工場で実施した試験についてその適正性を確認し、「妨害評価試験確認報告書」を発行する業務です。
ケーブルテレビシステムに放送以外のシステムを導入する場合、放送の受信に妨害を与えないことが放送法に基づく「有線一般放送の技術基準を定める省令第20条」に、有線放送設備の漏えい電界強度が同省令第8条に規定されていますが、この「妨害評価試験確認報告書」は、ケーブルテレビ事業者が当該システムの導入に当たってこの報告書とそのデータを元に作成したシステム運用の条件を総合通信局に提出することによって、申請手続業務や検査業務が簡素化されるものです。

・申請申込書は、「妨害評価試験確認申請書ダウンロード用」をダウンロードし「妨害評価試験確認申請書記入要領」を参
 考にしてご記入下さい。

・確認会議に使用する「試験データ」、「報告書」のひな形として、「CMTS申請用書類」、「CM申請用書類」、「R-ONU申請
 用書類」、「V-ONU申請用書類」があります。
 申請機種の内容からご判断し、該当する「申請用書類」をダウンロードしてご使用ください。

 

・平成29年度妨害評価試験確認会議開催予定(別ウィンドで開きます)

お問い合わせは下記へ

【連絡先】

(一社)日本CATV技術協会 妨害評価試験確認会議 事務局
電話 03-5273-4671(代)

ページの先頭へ戻る

標準規格・妨害評価・技術調査