HOME > 資格講習試験 > CATV技術者試験案内 > CATVエキスパート資格受講・受験申し込み案内

資格講習試験

2018年CATVエキスパート資格 受講・受験お申し込み案内(受講・受験要綱) 

受講・受験申込期間

ホームページからのインターネットによるお申し込み

2017年11月1日(水)9時30分 から 2017年11月17日(金)23時59分まで

郵送によるお申し込み

郵送によるお申し込みはこちら

試験日

・法規科目

 各会場の講習会終了後に行います

・専門科目(受信調査、施工、システム、ブロードバンド)

 2018年2月11日(日)

受講・受験お申し込みの流れ

ホームページからのインターネットによるお申し込みの場合

日本CATV技術協会ホームページの資格申込画面に記載された事項を順守し、同意の上、受講・受験者ご本人がお申し込み下さい。

コンビニ決済の場合

  1. 申込サイトの申込注意事項等を確認する
  2. 申込手順に従い各項目・事項を入力する
  3. 受講・受験料、テキスト代が計算されるので、コンビニ支払いのIDを確認する
  4. 受付完了メールを受け取る
  5. コンビニで受講・受験料を支払い、お申し込み完了(コンビニで発行するレシートが領収書になります。領収書の再発行は出来ませんので大切に保管して下さい。)

 

郵便払込の場合

  1. 申込サイトの申込注意事項等を確認する
  2. 申込手順に従い各項目・事項を入力する
  3. 受講・受験料、テキスト代が計算されるので、郵便払込支払いのIDを確認する
  4. 受付完了メールを受け取る
  5. 郵便局で受講・受験料を支払う(郵便局に備え付けの払込取扱票を使用して下さい)
  6. インターネットの「受付完了」画面もしくはメールで送付する「受付完了メール」を印刷し、払込受領書のコピーを貼り付けの上、郵送もしくはFAX送信し、お申し込み完了(払込受領書が領収書となりますので、払込受領書の原本は貼り付けないで下さい。領収書の再発行は出来ません。また払込受領書は、お支払い後、期日まで(郵便:お支払期限の消印まで、FAX:お支払期限まで)にお送り下さい。)

郵送によるお申し込みの場合

インターネットによるお申し込みができない場合はこちら。

受講・受験要領

1. 講習・試験方法

講習
専門科目(受信調査、施工、システム、ブロードバンド)は、それぞれ1日の講習会を行います。
法規科目については半日になります。(専門科目は直接受験も可能です。法規科目については講習会受講が必須です。また法規科目のみ、講習会の遅刻については講習開始後30分までしか認めません。)
なお試験のお申し込みをせずに、講習会受講のみをお申し込みすることは出来ません。

試験
専門科目(受信調査、施工、システム、ブロードバンド)は2018年2月11日(日)に行います。
法規科目については講習会に引き続き、講習会当日に試験を行います。また法規科目のみ、試験時にテキストの参照が可能です。
(試験の遅刻については各科目とも20分まで認めます。20分を超えた場合、その科目については受験できません。)

2. 講習・試験実施場所

日程表を参照して下さい。(なお、会場につきましては、お申し込み後に郵送します受講・受験票で必ずご確認下さい。)

3. 申込資格

どなたでも受講・受験できます。ただし、講習会、試験は日本語で行います。

各CATVエキスパート資格取得については実務経験の証明は必要ありませんが、CATVエキスパート資格取得後、上位資格(CATV総合監理技術者、第1級CATV技術者)を取得するためには、上位資格への申請時に実務経験1年以上を証明する書類の提出が必要です。

4. 講習会テキスト

講習会にはつぎのテキストを使用します。なお講習会を受けずに試験のみ受験される方も、原則、初回は必ずテキストの購入が条件となりますが、再受験および、すでに全国技術講習会等で購入された方はその限りではございません。古い版のテキストを持参の場合は、ページが異なることがありますのでご注意下さい。

  • 受信調査 (発行日 2016年12月 以降発行のテキスト) 
  • 施工 (発行日 2016年12月 以降発行のテキスト)
  • システム (発行日 2016年12月 以降発行のテキスト)
  • ブロードバンド (発行日 2016年12月 以降発行のテキスト)
  • 法規 (発行日 2016年12月 以降発行のテキスト)

購入されたテキストは、2017年12月末までに佐川急便にて発送いたします。(受講・受験票とは別でお送りいたします。)
※テキストを長期不在等でお受け取りできず、荷物が戻ってきた場合は、送料着払いにて再送をさせていただきますのでご了承下さい。

5. 受講・受験料、テキスト代等

料金表を参照して下さい。
※複数科目を申し込む場合は、セット割引があります。

一度払込された受講・受験料、テキスト代は、当協会の都合により講習・試験を中止した場合を除き払い戻しいたしません。
また、いかなる場合においても次回以降の受講・受験料への充当はできません。

6. 受講・受験票

受講・受験票は2017年12月末までに、郵便はがきにて郵送いたします。(テキストとは別でお送りいたします。)
受講・受験票を受け取り次第、記載されている各事項をご確認下さい。訂正がある場合は事務局までご連絡下さい。
また、はがきに記載してある注意事項に従い、写真を貼り付けて下さい。

7. 合格基準

正答率60%以上(法規科目のみ講習会受講必須)

8. 合否結果

2018年3月下旬の予定。合否の結果は受講・受験者の自宅住所へ郵送します。
合格された方については日本CATV技術協会のホームページで受講・受験番号を発表します。
また試験問題と模範解答も同様にホームページに掲載します。(法規科目を除く)
なお、試験成績や問題、解答の内容および配点についての質問には一切お答え出来ません。

9. 技術者証の交付

技術者証については、合格された方に結果通知と一緒に申請書を郵送いたします。
なお別途発行手数料3,240円(税込)がかかります。

10. 資格の有効期間と更新手続き

CATVエキスパート資格の有効期間は、資格の交付日(2018年4月1日)から5年間です。
期間が満了する日の約5ヶ月前に更新の手続きを行うことにより、有効期間が5年間更新されます。

更新を行わない場合はその資格については失効となりますのでご注意下さい。

※更新手続きとは
自己学習し、課題レポートを提出していただきます。
更新手続き費用は別途申し受けます。

*以下の場合、取得日および有効期限は次の様になります。

◆科目合格からCATVエキスパート資格者になられた場合の資格取得日および有効期限について 

  ・先に専門科目(受信調査・施工・システム・ブロードバンド)が科目合格し、後に法規科目が合格した場合

    →資格の取得は法規科目が合格した時、有効期限は専門科目が合格した時から5年後の3月31日

      

  ・先に法規科目が科目合格し、後に専門科目が合格した場合

    →資格の取得は専門科目が合格した時、有効期限も専門科目が合格した時から5年後の3月31日

 

11. 個人情報の取り扱いについて

収集した個人情報は、CATV技術者資格業務以外の目的には利用しません。

 

お問い合わせ先

一般社団法人 日本CATV技術協会 事業部(技術者育成)
160-0022 東京都新宿区新宿6-28-8
電話 03-5155-6282 (平日9:30~17:00)
FAX  03-5273-4675
e-mail syoumei@catv.or.jp

ページの先頭へ戻る

資格講習試験