HOME > 資格講習試験 >ポイント制

資格講習試験

ポイント制 (エキスパート資格以上の資格保有者対象)

CATV技術者資格保持者へのポイント制導入について

CATV技術者資格の更新について、これまでの更新課題レポート提出に加え、ポイント制による資格更新の選択肢を設けます。
資格有効期限中に、協会主催のうち、指定する講習会に参加することで継続的学習を行い、自宅課題レポートを代替することを可能とする更新ポイント制を導入し、資格者の技術レベルの維持、向上を図ります。このことにより資格者の学習意欲に応えるとともに、各地での講習会等の充実を図り、技術者養成に貢献していきます。

このポイント制は、平成24年9月10日より導入し、ポイント付与基準に基づき、指定されて講習会等のポイント数を公表します。

ポイント制の骨子

ポイント付与の対象について
・ 協会主催のうち、指定する講習会を受講することで、付与ポイント基準に基づき、ポイントを付与します。なお、取得ポイントは任意の科目に利用できます。
対象資格

エキスパート資格以上のCATV技術者資格を対象とします。 具体的には、エキスパート(受信調査) 、エキスパート(施工)、エキスパート(システム)、エキスパート(ブロードバンド)、第1 級CATV技術者、およびCATV総合監理技術者が対象となります。

※第2級CATV技術者、第1級および第2級有線テレビジョン放送技術者の方は、ポイント付与の対象になりません。

更新課題レポート提出免除に必要なポイント数

・1科目(専門科目、法規科目)の更新課題レポートの免除に必要なポイント数は10ポイントとします。
・更新対象者は、5年間に参加した講習ポイントを累積し、更新にあたって全科目の更新課題レポート免除のポイント数に 達している場合は、更新課題レポートが免除となります。
・全科目の更新課題レポート提出免除となるポイント数を以下に示します。


・ エキスパート(1分野)の場合    1専門科目+法規科目 = 20ポイント
・ エキスパート(2分野)の場合    2専門科目+法規科目 = 30ポイント
・ エキスパート(3分野)の場合    3専門科目+法規科目 = 40ポイント
・ エキスパート(4分野)の場合    4専門科目+法規科目 = 50ポイント
・ 第1級CATV技術者の場合     3専門科目+法規科目 = 40ポイント
・ CATV総合監理技術者の場合   4専門科目+法規科目 = 50ポイント

取得ポイントの有効期限
 ・ 取得ポイントは、ポイント取得日より5年間を有効期間とします。以降、失効します。
取得ポイントの使用方法
 ・ 取得ポイントは、更新申し込み期間内に、資格更新をMypageから申し込む場合のみに使用できます。
更新課題レポート提出免除に必要な取得ポイント数の不足分の扱いについて

・ 更新課題レポート提出免除のポイント数に達していないときは、不足分は更新課題レポートを提出していただきます。 この場合、どの科目の更新課題レポートを提出するかは、更新対象者の選択とし、更新申請時に有資格者のページのMypageより申請を行うものとします。

  
My Pageでのポイント確認

・この度、平成25年10月1日より、Mypageより取得されましたポイント数とその履歴を確認できるようになりました。Mypageにログイン後、メインメニューの「ポイント確認」ボタンを押すことで、取得ポイント履歴や保有ポイント数を確認することができます。

・取得ポイントデータの更新については、ポイント対象講習会終了後、約1ヶ月程度の更新期間がかかる場合があります。

・CATVエキスパート資格以上のポイント制対象者に対して、全国技術講習会等のポイント対象講習会のご案内を電子メール等にて送付する予定をしています。このため、Mypageの個人情報登録において、メールの受け取り欄の「メールを受け取らない」のマークをはずすことを推奨します。

・ 有資格者は、Mypageで保有するポイントを更新手続きに使用できます。

ページの先頭へ戻る

付与ポイント

付与ポイント基準

協会主催のうち、指定する講習会を受講することで、下表に示すポイントを受講終了後に付与します。但し、1回の講習会での更新ポイント数の上限は8ポイント/回とします。

ポイント付与項目 付与ポイント 備考
全国技術講習会
   

技術講習会

2ポイント/時間 受講時間に応じて付与

法規関連/新技術・市場動向等の講習会

2ポイント/時間 受講時間に応じて付与
支部講習会
   

支部が主催する技術講習会

2ポイント/時間 受講時間に応じて付与

支部が主催するその他の講習会
職長・安全衛生教育等の技術維持・向上関連テーマの場合

2ポイント/回  

注意:受講する講習会によっては、付与ポイント数が変わる場合があります。ポイント数については、申込書をご確認ください。

(取得ポイントによるCATV技術者資格の更新例)
① CATV総合監理技術者が5年間に全国技術講習会(3時間)を9回受講した場合
取得ポイントは、9回×2ポイント/時間×3時間 = 54ポイントとなり、 更新課題レポート提出免除となる50ポイントを超えるため、更新課題レポート提出は免除され、技術者証の発行料および事務手続費のみの費用で更新手続きを行うことができます。
② 第1級CATV技術者が5年間に全国技術講習会(3時間)を5回受講した場合
取得ポイントは、5回×2ポイント/時間×3時間 = 30ポイントとなり、 全科目の更新課題レポート提出免除となる40ポイントに到達しない。このため、30ポイント分の3科目分の更新課題レポートは免除され、エキスパート(受信調査) ・エキスパート(施工)・エキスパート(システム)および法規科目のうち、更新対象者が任意の1科目のみを選択、その更新課題レポートを提出し、かつ、1科目更新課題費、そのテキスト購入費、技術者証の発行料および事務手続費の費用で更新手続きを行うことができます。

注1) CATV技術者資格の資格更新費用はこちらを参照ください。

注2) 全国技術講習会はこちらを参照ください。

ページの先頭へ戻る

問合せ先

一般社団法人 日本CATV技術協会 事業部(技術者育成)
〒160-0022
東京都新宿区新宿6-28-8 ラ・ベルティ新宿
資格制度専用電話 03(5155)6282 (平日9:30~17:00)
FAX 03(5273)4675

ページの先頭へ戻る

資格講習試験